ペットホテルサービス|[清和台動物病院] 兵庫県川西市の動物病院

  • 川西市清和台東・清和台動物病院・電話
  • 川西市清和台東・清和台動物病院・メニュー

ペットホテルサービス
~動物病院だからこそできるホテル&入院管理につとめております~

FEATURE|当院ホテルの特徴

川西市清和台東・清和台動物病院
  • 1お預かり中の体調も管理します!ホテルでの様子報告書をお渡ししています。
  • 2かかりつけでのお預かりのため、持病などの情報共有や対処もばっちり!
  • 3必要な予防をされている当院の患者様限定のため、感染防止の体制も万全です!

動物が安心して滞在できる環境をご用意いたします

飼い主様がお出かけの際、ご自宅を離れなければならない場合に飼い主様に代わってペットのお世話をさせていただきます。滞在中、快適に過ごせるために空調設備を整えて衛生面を重視し清潔に過ごせるよう配慮してお預かりしております。

ホテル宿泊料金(1泊2日)入院の場合は、価格が異なります

5kg以下¥3,500
5~10kg¥4,000
10~15kg¥4,500
15~20kg¥5,000
20~30kg¥6,000
30~40kg¥6,500
40kg~¥7,000
¥3,500~
一時預かり(1時間毎)¥500〜

ペットホテル

動物当院かかりつけの犬、猫
形態宿泊を伴うホテル 治療・投薬の必要な入院
一時預かり(時間制)
散歩必要に応じて対応
食事、お薬自宅の食事・お薬を持参
空調完備(24時間稼働)

第一種動物取扱業者標識

名又は名称有限会社清和台動物病院 代表取締役 松本 達哉
事業所の名称有限会社清和台動物病院 代表取締役 松本 達哉
事業所の所在地川西市清和台東5-1-9
第一種動物
取扱業の種別
保管
登録番号兵動 第1412423号
登録年月日平成27年1月23日
有効期間の末日令和7年1月22日
動物取扱責任者松本 達哉

FLOW|ペットホテルご利用の流れ

1完全予約制ですので、前日までにお電話又は受付にてご予約ください。
休診日(水曜日、日曜・祝日の午後)や、お盆、お正月、ゴールデンウィークなどは、臨時診察を行っている時間帯で対応させていただきます。ご予約の際にご確認ください。
2お預けいただくまでに当院で『予防』を完了してください。

※体質や日程などの都合で予防が完了していなくても、獣医師と相談の上お預かり可能な場合があります。その場合「入院」としてお預かりとなり、料金が異なります。詳しくはご相談ください。


必要な予防

① 1年以内の当院での混合ワクチン接種(お預かりの2週間前までに接種完了してください)
② 1ヶ月以内に当院処方のノミ・ダニ予防薬の実施
③ 当院処方のフィラリア予防の実施
④ 1年以内の狂犬病ワクチン接種

猫エイズ/白血病の検査をうけられたことがない猫ちゃんをホテルでお預かりする際には、感染の有無を確認する検査をお受けいただいております。
※ 感染がみられた場合でもお預かりは可能ですのでご安心ください。(「入院」としてお預かりします)

3当日の通常診察時間内にお預けいただきます。
「ホテルならびに入院同意書」の記入をお願い致します。
当日や普段のペットの健康状態を把握するため、ホテル問診票の記入をお願い致します。
あらかじめダウンロードしご記入いただくと、お預かりがスムーズです。
4お迎えにお越しいただきます
通常の診察時間内にお迎えにお越し下さい。時間外のお迎えは事前にご相談ください。
お迎えの際に、ホテルでの様子をお伝えし、報告書をお渡ししております。

BRINGING|お預けの際にご持参いただくもの

① ホテルならびに入院同意書(お持ちでない場合は当日ご記入をお願い致します)
② 食事(お手数ですが、一回分ずつ小分けにしてご持参ください)
③ 必要に応じて散歩を致します。首輪とリードをご持参ください。
④ 当院から処方されているお薬などがある場合はご持参ください。
⑤ 普段ご使用の毛布やおもちゃなどをご持参いただいても結構です。
⑥ ご持参物には必ずお名前をご記入ください。(ご記入ない場合は紛失した際に責任を負いかねます)

PRECAUTIONS|注意事項

院内で吠える/咬みつく/暴れるなどの行動が顕著な場合、興奮による脳圧の変化、胃拡張・胃捻転症候群、ストレスなどにより体調変化が 予測できる場合などは、獣医師が判断してお預かりが難しい場合がございます。

お預かり中のペットの状態によっては、獣医師の判断で必要と思われる医療(検査および加療)を実施することがあります。その場合は検査・治療費などが別途必要になります。

全ての予防が完了しておりましても、心臓病やてんかんなどの疾患があり、常に看視や治療・投薬が必要な場合、獣医師と相談の上「入院」としてお預かりさせて頂く場合がございます。

特別な習性・性格(分離不安、ペットシーツやタオルの誤食癖など)・体質・食事・現在治療中の病気がある場合は必ずご予約時にご相談ください。

CONDITIONS|ホテルお預かりの条件など

当院かかりつけの犬・猫であること。(必要な予防を当院でされていることが確認できているペットに対してのお預かりサービスです)

当院処方のフィラリア、ノミ・ダニの予防薬の投与を行っていること。
1ヶ月以内の投与を行っていない場合、3日前までの投与をお願いします。(当日のノミ・ダニ予防薬の投与は可としますが、その場合1日目は入院として預かり、翌日よりホテルとしてお預かりします)

1年以内で当院での混合ワクチン接種、および狂犬病予防接種(集合注射も可)を済ませていること
お預かりの2週間前までに接種をお願いします。狂犬病を集合注射でお済ませの場合は、証明書の提出をお願いします。(予防接種の当日接種は不可とします)

ホテルにあたり、万全の体制でお預かりさせていただくために、飼い主様には必ずお預かり時のペットの健康状態・体調などをお尋ねし、同意書にサインをお願いしております。ペットの健康のためご協力をお願いいたします。

お預かり中のペットの状態によっては必要と思われる医療(検査および加療)を獣医師の判断で実施することがあります。その場合検査・治療費などが別途必要になります。

長期のお預かり、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などは大変混み合う場合がございます。お早めにご相談ください。

CAN NOT|ホテルお預かりができない場合

以下の場合はお預かりできない場合がございます。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

当院への定期的な受診がない(かかりつけでない)場合

必要な予防を当院で実施されていない場合 病気やワクチンアレルギーなどやむを得ない事情で、当院により予防接種を延期されている場合などは入院預かりとして対応可能です。料金が異なりますので、詳細はご相談ください。

吠える、咬みつく、暴れるなどの行動が顕著の場合(たとえば、猫ちゃんで環境の変化によるストレスを受けやすい場合など)

興奮による脳圧の変化、胃拡張・胃捻転症候群、ストレスなどにより体調の変化が予測される場合
※特別な習性・性格(分離不安、ペットシーツやタオルの誤食癖など)・体質・食事・現在治療中の病気がある場合は必ずご予約時にご相談ください。

心臓病やてんかんなどの疾患があり、常に看視や治療・投薬が必要な場合、獣医師と相談の上対応いたします。その場合ホテルではなく入院としてお預かりいたします。